歯が痛い・しみる・歯ぐきが腫れる・歯ぐきからの出血

「冷たい物がしみる」「歯がズキズキ痛む」「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが腫れている」こんなお口の異変に気づいたら放置してはいけません。それらの症状は、すでにある程度進行した虫歯や歯周病などのトラブルが疑われるからです。どちらもお口のトラブルの代表で、もはや自然治癒はしません。放っておくとどんどん悪化してしまいます。

なるべく早く、千葉市緑区おゆみ野中央8丁目の歯医者「753歯科医院」にご相談ください。当院は、おゆみ野・鎌取付近にお住まいの方のお口の健康を守るホームデンティストです。

虫歯について

早めの治療を

早めの治療を

虫歯とは、お口の中の虫歯の原因菌が糖分を分解してネバネバになり、歯に付着してから、そこで「酸」を出し、その「酸」が歯の成分を溶かしていく病気です。ごく初期の段階を「脱灰(だっかい)」といいます。それは歯の表面のエナメル質の成分が溶け出す状態ですが、この場合は、「再石灰化(さいせっかいか)」で元に戻ります。しかし、その段階を過ぎると、虫歯はどんどん進行し自然には治りません。放っておくと歯の中の神経にまで汚染がおよび、やがては歯を失うことにもつながるのです。

しかし早めに治療を受ければ、それだけ早い段階で虫歯の進行を止めることができます。悪化させればさせるほど、お口の健康が損なわれ、治療も複雑になってしまいます。「虫歯かな?」と思ったら、できるだけ早く治療を受けましょう。

どうして虫歯になるの?

虫歯を直接引き起こす虫歯の原因菌(おもにミュータンス菌など)と、虫歯菌が養分にする糖分がそろっていると虫歯にかかりやすくなります。しかし、この2つがそろっていても誰もが同じように虫歯になってしまうわけではありません。もともと歯質が弱かったり、お口の自浄作用がある唾液の量が少なかったり、お口の「酸」を中和しにくかったりすると虫歯が発症しやすく、進行していきやすいのです。

虫歯のおもな原因
虫歯の原因菌 糖分 歯質
虫歯菌の出す「酸」が歯を溶かします 食べかすの中に含まれる糖分が虫歯菌の養分です 「酸」への抵抗力や唾液の量や質が左右します

虫歯を防ぐためには、お口の中をきれいにすることが大切です。「食べたらみがく」「口をゆすぐ」などを習慣にすることをおすすめします。また、就寝中は唾液の分泌量が減り、虫歯などが発症しやすくなりますので、就寝前にはしっかりお口の汚れを落とすことが大切です。

虫歯の進行段階と治療法
【CO】
ごく初期の虫歯
【C1】
エナメル質の虫歯
【C2】
象牙質の虫歯
【C3】
歯の神経におよんだ虫歯
【C4】
歯根におよんだ虫歯
ごく初期の虫歯 エナメル質の虫歯 象牙質の虫歯 歯の神経におよんだ虫歯 歯根におよんだ虫歯
CO:ごく初期の虫歯
CO:ごく初期の虫歯

【症状】
歯の表面を覆っているエナメル質の成分が溶かされる「脱灰(だっかい)」の状態です。白く濁ったように見えますが、まだ痛みなどの自覚症状は現れません。

【おもな治療法】
  • 歯の汚れを落とすための歯みがき指導をします。
  • フッ素塗布により歯の再石灰化につなげます。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯

【症状】
エナメル質がさらに溶かされ、穴があき黒ずんで見える状態です。冷たい物がしみることがあります。

【おもな治療法】
  • 虫歯部分を削り取り、レジン(歯科用プラスック)で補います。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯

【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまでおよんだ虫歯です。冷たい物や甘い物を口にするとしみる、歯が痛むなどの症状が現れます。

【おもな治療法】
  • 虫歯部分を削り、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)で補います。
C3:歯の中の神経にまでおよんだ虫歯
C3:歯の中の神経にまでおよんだ虫歯

【症状】
象牙質の内側の歯の神経にまで汚染が進んだ状態です。何もしなくてもズキズキ痛みます。

【おもな治療法】
C4:歯根にまでおよんだ虫歯
C4:歯根にまでおよんだ虫歯

【症状】
歯冠部分(歯の上の部分)のほとんどが溶けてしまった状態です。歯の神経が死んでしまうといったん痛みが無くなりますが、歯根の先に膿がたまると、ふたたび激しく痛みます。

【おもな治療法】
  • ほとんどの場合、抜歯になります。抜歯後は入れ歯治療やブリッジ治療、インプラント治療で歯の機能回復を図ります。

できるだけ痛くない治療を

虫歯治療には「痛い」イメージがあるかもしれません。以前受けた治療でつらい思いをした……という方もいらっしゃるでしょう。そのために歯科医院に苦手意識がある方にも安心して通院していただけるように、当院ではできるだけ痛みを抑える治療をご提供しています。治療中の痛みを感じることがないように麻酔をしますが、その麻酔注射にも工夫し、「注射の痛み」も抑えるようにしているのです。

注射の痛みを抑えるための工夫
表面麻酔 細い注射針
注射の前に歯ぐきに塗るだけで注射針が刺さるときの「チクッ」とする痛みを抑えます。 麻酔注射の針は細ければ細いほど痛みを軽減につながりますので、可能なかぎり細い針を採用しています。

重度の虫歯に対する治療~根管治療~

歯の根の中の歯髄(神経や血管など)が通る管を根管といいます。重度の虫歯により歯髄に炎症や感染が起きると、歯が痛む、根の周りに炎症が広がる、歯ぐきが腫れるなど様々なトラブルが起こります。このような症状を放置すれば、大切な歯を失うばかりか、リンパ節の腫れや発熱、全身症状を引き起こすことさえあります。トラブルを一刻も早く改善し、再感染を防ぐには、痛んだ歯髄を除去し、根管を洗浄して根の中に薬を詰める根管治療が必要です。

マイクロスコープを用いた精密な治療

マイクロスコープを用いた精密な治療

細く複雑な形状をした根管から、歯髄をきれいに取り出し、洗浄・消毒するには、細部までしっかりと捉える視野が欠かせません。当医院では患者様の大切な歯を一本でも多く残すため、肉眼と比べ、最大20倍に視野を拡大できるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して、感染部位の取り残しや、歯の削り過ぎがないよう精密な治療を行っています。他の医院で抜歯をすすめられた方でも、歯を残す治療が可能かもしれません。まずはお気軽に当医院までご相談ください。

ラバーダムの装着で細菌の流入を防止

ラバーダムの装着で細菌の流入を防止

ラバーダムとは、歯に装着するゴム状のコートで、根管内に細菌が入り込むリスクを抑えるために使用します。治療中に細菌が入り込むと、再治療が必要になったり、気づかず放置しておくと知らないうちに虫歯が広がっていることもしばしば。一度の治療でより確実な治療を行うためには、このラバーダムは必要不可欠なのです。

歯周病について

「歯ぐきが腫れている」「歯みがきのときに歯ぐきから出血する」「口臭がきつくなった」「歯がグラつく」といった症状は歯周病が疑われます。ごく初期段階には自覚症状がほとんど現れませんが、歯ぐきの腫れからはじまり、進行するにつれ歯を支える組織や顎の骨が溶かされていきます。悪化させると歯を失うことにもつながる歯周病。日本の成人が歯を失う原因の第1位は歯周病なのです。歯ぐきの異変に気づいたら、できるだけ早くご相談ください。

歯周病かんたんチェック

初期段階では自覚症状が現れない歯周病。しかし、日本の成人の約8割が予備軍、またはすでに歯周病を発症しているといわれています。高齢の方がかかるイメージがあるかもしれませんが、20代、30代の方にも見られるのが現状です。

次に当てはまる項目がひとつでもありましたら、歯周病が疑われます。なるべく早く「753歯科医院」にご相談ください。当院は、千葉市緑区のおゆみ野や鎌取から多くの方にご来院いただいています。

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯みがきをするとき出血することがある
  • 歯ぐきが下がり歯が長くなったように感じる
  • 起床時に、口の中がネバついている
  • 歯と歯の間に物が挟まりやすくなった
  • 硬い物を食べると歯が痛む
  • 硬い物を食べると歯ぐきから出血する
  • 口臭がきつくなった
  • 歯がグラつく
  • 歯が浮いている感じがする
  • 歯ぐきから膿が出る
歯周病の進行段階

歯周病は歯ぐきが炎症を起こしている「歯肉炎」と歯を支える顎の骨にまで進行した「歯周炎」に分けられます。そして歯周炎も3段階に分けることができます。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎歯ぐきに軽い炎症を起こしはじめます。歯みがきの際に出血することがあります。 軽度歯周炎歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなります。歯を支える顎の骨が少し溶かされた状態です。 中等度歯周炎さらに歯周ポケットが深くなります。歯ぐきの腫れや出血のほか、歯がグラつきはじめ、歯が浮く感じや口臭が現れます。 重度歯周炎歯ぐきが下がり、歯がグラつき、膿が出て、痛みや口臭がきつくなります。放っておくと歯が抜け落ちることもあります。
歯周病の治療について
歯周病の基本治療
歯みがき指導 スケーリング ルートプレーニング
歯みがき指導歯周病の治療や予防の基本は汚れを落とすことです。お口の合わせた歯みがきの仕方をアドバイスします。 スケーリング毎日の歯みがきでは落としきれないプラークや歯石を除去します。 ルートプレーニングスケーリングでは落としきれない歯周ポケットの奥のプラークや歯石を除去してから歯根を滑らかに仕上げます。
歯周外科治療

歯周病がある程度進行してしまい、基本治療を行っても改善しない場合には歯周外科治療を行います。それぞれのお口の状態に合わせたさまざまな治療法があります。

歯周ポケットそうは術 フラップ手術  
歯周ポケットそうは術局所麻酔を行ったうえで、歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラークや歯石、感染歯肉の組織を除去します。 フラップ手術局所麻酔を行ったあと、歯肉を切開して歯根を露出させ、プラークや歯石を除去します。そして歯肉を縫合します。  

TOP